June 28, 2005

The Third Way (6月22日)

6月22日に行われた読書研究会の要約&私見です。

p61ℓ21~p64ℓ13
□new risk
 狂牛病問題からも分かるように、新しいリスクの公表の仕方は難しい。もしリスクを公表し、そのリスクが誇張されたもの、あるいは存在しなかった場合には、批評家にはデマであると言われるだろう。また当局がリスクは低いか公表に慎重になっている時には、批評家は「なぜもっと早く公表しないのか。当局はリスクを隠している。」と言われることになる。
 また、リスクとは必ずしもネガティブなものではなく、伝統や自然と決別した社会を活性化する原則ともなるというポジティブな面もある。P63 のリスクマトリックスにおけるOpportunityとInnovationは、リスクのポジティブな面である。リスクに対して能動的な関わりを持つことは、社会を動かしていく上で必要な要素である。

P64ℓ14~p68最後まで
□Third way politics
 第三の道とは、グローバリゼーション、個人のライフスタイルの変化、自然との関係など大きな変革が起こっている中で市民をそれぞれの道へ導き出すことである。
 また第三の道の政策としては、グローバリゼーションを(単なる市場のグローバル化ではなくもっと広い意味で)肯定するべきである。しかし、市場の力は社会的・文化的に破壊的な影響を及ぼすから、第三の道の政策としては自由貿易をそのまま認めてはならない。
 新しい政治(第三の道の政治)における最重要のモットーは「権利は必ず責任を伴う」ということである。この原則は政治的権利の場合のように、貧困層だけに適用されないためにも、福祉の受益者だけでなく、全ての人々にとっての倫理的原則とならなければならない。
 二つ目に重要なモットーは、「民主主義なくして権威なし」である。伝統や習慣が影響力を失った現在、民主主義によってしか権威を構築できない。新しい個人主義は、人々の活動や参加がベースとなって権威が再構築されることを欲している。
 ここで問われているのは、社会的な正義ではなく、伝統や習慣が廃れていっていった後どのように生きていくべきなのか、社会的連帯をどのように再構築するのか、環境問題にどのように取り組むのかということである。この問題に対しては、哲学的保守主義の思想の必要性が強調される。
 新しい政治に対して近代化は基本的な問題の一つである。生態系に配慮した近代化はその中の一つの型であり、他にもタイプはある。生態系に配慮した近代化は、近代化するプロセスにおける問題および限界を意識するものある。
哲学的保守主義は、重要な思想である。伝統を超え、自然と反対側の世界で生活していくためには、保守主義と近代化は相反するものだが、私たちは近代化のツールを使わなければならない。
 ここでの保守主義は、変化に対して実践主義的な態度をとるという意味での保守主義である。そしてこれまで述べてきたように、科学技術はもはや民主主義の外へ残すようなものではなくなり、私たちの生活に直接的かつ広範囲に影響を及ぼすようになった。

◇私見
リスクにおけるポジティブな面というのは、私の研究テーマであるCSRにもいえることだと思いました。その好例が、1982年に起こったジョンソン&ジョンソンの取り組みです。同社の頭痛薬に何者かが毒物を混入し、7人の死者が出ましたが、素早い薬品回収、積極的な危険告知は、多くの人々から支持を得ました。また、その後もより安全性の高いパッケージの導入も行い、後に米国PRソサエティから表彰を受け、消費者の信頼を維持できました。
科学技術が私達の生活になくてはならない存在となった現在、新しいリスクが今後も起こりうると考えられます。そのような中で、いかに素早い対応をとり、リスクにおけるポジティブな面を生かせるかどうかが、第三の道の政策だけでなく、企業や市民活動などあらゆる面で一つのキーポイントになるのではないかと思います。

(参考文献:「企業評価の新しいモノサシ 社会責任からみた格付基準」斎藤槙、2000年、生産性出版)

投稿者 Kubo : 07:04 PM | コメント (0)

衛星写真にハマっています

最近、衛星写真にハマっています。
"Google Maps"がベータ版で"Satellite"を提供しはじめているのです。
東京や欧米の大都市部では場所によって最大解像度のものが提供されていて、一戸建てやクルマくらいまで写っています。例えば「自由の女神」とか、「新宿西口」とかこんな感じです。
「ヴェネツィア」とか、「ゴールデンゲートブリッジ」とか、「友人の家周辺(UC Berkeley近く)」とか、しばし空中散歩を楽しめます。

軍事衛星では、これをかなり上回る解像度を持っていると思いますから、もう屋外では隠し事はできないですね。庭に芝刈り機を出しっぱなしとか、布団を干しっぱなしとか。

投稿者 Nishimura : 11:04 AM | コメント (4)

June 25, 2005

展覧会のご紹介『ゴッホ展』

先日、大阪・中之島の国立国際美術館で開催されている『ゴッホ展』に行きました。
「ゴッホ展」は、今までに10回以上も日本で開催されたそうですが、今回の展覧会は、ゴッホの作品を、狂気の画家といった孤立したものとしてではなく、美術の歴史の一部として見直そうとする試みでもあるそうです。
今回の展示作品の中で話題を呼んでいる、「夜のカフェテラス」は特に秀逸でした。この絵に表現されている奥深いブルーは、今年のトレンドでもあるそうです。
ゴッホが影響を受けたり交流のあったミレー、モネ、セザンヌ、ゴーギャンの絵画や、日本の浮世絵、さらに彼の制作環境をしのばせる当時の書物や雑誌などを通して、ゴッホの創作活動の背景にも迫っています。
ゴッホの傑作約30点が、ゆかりの画家の作品約30点や、資料など約60点とともに展示されていました。伝説的なイメージとは異なる、新鮮なゴッホの見方にふれることができるでしょう。
みなさまに、是非ご覧になることをお勧めいたします。

2005年5月31日(火)〜7月18日(月・祝)
国立国際美術館【大阪・中之島】
開館時間:午前10時〜午後5時 金曜日は午後7時(入館は30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、7月18日は開館)
http://www.nmao.go.jp/

投稿者 Honda : 11:50 PM | コメント (0)

June 19, 2005

コンパのお知らせ

梅雨にはいりましたけど、みなさん体調はだいじょうぶでしょうか?
さて、ゼミ有志のご提案により、
来る6月21日(火)午後7時前後より「西海岸」において
コンパをやろうということになりました。
ご都合の許す方は、是非ご参加下さい。
なお、このコンパはポトラック(持ち込み)形式で行いますので、各自、食べ物 and/or 飲み物を1品以上ご持参いただくよう、お願いします。
また、博士課程の伊藤さんが再び料理の辣腕を揮っていただけるとのことで、楽しみです。
私は、5校時の授業のあと所用がありますので、午後9時前後からの参加になると思います。
それでは、当日、大いに呑みかつ談じるのを楽しみにしております。

投稿者 Imasato : 08:38 AM | コメント (3)

June 14, 2005

マリポサ郡裁判所

6/2-12のアメリカ旅行はヨセミテ国立公園行き(15回目)が目的でしたが、旅の途上にMariposaという町があり、ここには19世紀に建てられたコートハウス(裁判所)がいまも現役で使われています。
以前にも一度立ち寄りましたが、今回はガイドツアーに参加してきましたのでそのご報告を。
ちなみに"Mariposa"はスペイン語で「蝶」の意味。カリフォルニアにはスペイン支配の名残でこうした地名がたくさん残っています。(ロスアンジェルスもサンフランシスコもスペイン語ですし、Santaなんたらという地名もみなそうですよね。)

DSC_4462a.jpg
この建物は1854年に建てられました。東海岸には裁判所に古い建物が現役で使われている例はたくさんあるのでしょうがロッキー山脈より西では、ここが最古だそうです。
この地域では1848年に金が発見され、それを当てこんで翌年にやってきた大量の連中のことを"49ers"(フォーティ・ナイナーズ)と呼びます。(アメフトNFLのチーム名「サンフランシスコ49ers」はこれが源です。またこの街はカリフォルニア・ハイウエイ140号と49号の交差点に位置しますが、このハイウエイ「49号」という番号も"49ers"にちなんだものです。)
こうした"49ers"の連中のなかには「ならず者」もたくさんいるわけで、犯罪も増加します、また金鉱関係を中心に権利上のトラブルも増加していったことでしょう。そのために比較的早期にここで裁判所システムが確立していきます。
建物のてっぺんにある時計はいまも正確な時を刻んでいて、毎正時のベルも鳴ります。一日3回手巻きでゼンマイを巻いているそうです。

DSC_7222.jpg
メインの法廷です。すべて木製手作りの家具や内装で、しかもオリジナルのまま。
判事席に座っているのは今回同行した京都精華大の学生。リンカーンの肖像画を背にして背筋が伸びています。写真左手のほうが陪審員席で、ここには一般市民から選ばれた陪審員が座り、裁判での評決に参加します。


DSC_7228.jpg
ライブラリー・ルームです。美人のガイド(ボランティア)が案内してくれています。ここには法律関係の図書、判例集などがたくさん。


DSC_7229.jpg
ここで陪審員たちが議論をするわけです。

こうした田舎町の裁判所システムですが、地域の歴史的な背景と、陪審制度によって地域住民がこれに関与してきたというのは、私たち日本の仕組みとはまったく違う展開で、たいへん興味深いです。

http://www.mariposacourts.org/

投稿者 Nishimura : 08:43 AM | コメント (2)