January 21, 2006

合格しました

gastro.jpg
http://www.unisg.it/eng/index.php

かねてよりハラハラしていたイタリアの大学院、うまいもの暮らし大学に合格しました。
これでやっと色々動き出せそう(下宿の更新とか)で、一安心いたしました。

ご心配頂いた皆さまに結果を報告させていただくと同時に、応援と支援に感謝します。
特に今里先生には、推薦状から自己PRまでお世話になり、本当に頭が上がりません。
重ねてお礼申し上げます。


…しかしホリエモンショックが為替に嫌な影響を及ぼすのではないかと
また別の心配事ができてしまいました。胃がしくしく痛いです。

投稿者 : 08:30 AM | コメント (16)

January 19, 2006

ノーリッジより6

 皆様いかがお過ごしでしょうか?
 こちらは相変わらず寒く、現在は朝の8時だというのに外は暗いです。
 日の出が未だに8時近いので仕方がないのですが、1コマ目から授業の日は憂鬱です。


 さて、春学期が今週(1月16日)に始まりました。4月の第1週までが春学期です。
 というわけで本田さん、3月にこられても私はレポートと資料に埋もれて死んでいます。
 先学期同様、提出日の2日前に終わらせるをモットーに書く予定ですが…
 何分、評価のチェック項目には英語運用能力や参考資料の内容・量の適切さも含まれているので。
 なによりも1秒でも遅れたら5点引き!恐ろしい。


 今日の夜に英国到着予定だった総政M2の某友人(想像してください)からメール
 飛行機に乗り遅れたと…えーーーーーーーー!!!と朝から叫んでしまいました。
 「行けへんわー」って!楽しみにしていたのにショックです。


 Extendは修士論文の話…つい先日 教授と話したのですが…
 なにかよい情報があったら提供よろしくお願いします!!!(切実です)


 近況報告終了。次回は寮や学校の写真を紹介いたします。


New Year2-2.jpg
日本人+南アフリカ人で満喫した年越しそばです。

 修士論文のネタについて教授と話してきたのですが…
 なぜか、日本の公立教育システムの変革(?)のPolicy Making Processについて書くことになりそうです。
 先生が担当しているPhDの生徒で明治期の日本の教育システムの構築について研究している人がいらっしゃるそうで。面白いらしいです。それに、日本人が分析した日本の教育についての英語での発表論文がすくないというのもポイントだそうです。


 本当は、ネパール(特に首都カトマンズ)におけるPrivateSectorの中等教育での役割について書きたいのですが、政情が不安定のために教授としてはやって欲しくないようです。
 先行研究がとても少ない・リサーチに時間がかかりすぎるというのも大きいのですが…


 もうひとつの懸案は、教授がブルデューの社会理論を使って欲しがっているということです。
 すでに担当の生徒でハーバマスとブルデューを理論の基礎として書いた人もいて。
 先生自身も、ジャーナルに発表したりしているそうです。
 ただ今、原書でLe Sens Pratiqueに挑戦中。


 3月まで余裕があるので、もう第2・第3の案を考えつつやっていこうと思います。
 先週は論文のネタが頭から離れず寝ることができなったのですが、とりあえず落ち着きました。

January 17, 2006

修士論文提出慰労会

iroukai.jpg

M2修士論文慰労会が町家「桃花潭 江湖亭」で行われました。毎度のことながら今里先生によるお料理(粕汁、白菜のパスタ)おいしかったです。
無事提出の方、おつかれさまでした。今年は見送り(?)の方は次回がんばってください。
こんどは今里先生が論文査読でおつかれ様の番です。次回のヤマは2月11、12日の公聴会です。

投稿者 Nishimura : 11:59 PM | コメント (2) | トラックバック

ALSの病床から

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患う甲谷匡賛(こうたにまさあき)さんの
個展「一畳百色」が開かれています。
病床で唯一動かせる左手で、パソコンのペイントソフトを用いて描かれた作品は
色彩に溢れ、生の躍動感に満ちているようです。
皆様ぜひ、足をお運びください。

とき:06年1月17日~22日(日)
ところ:ギャラリー・アール(烏丸夷川西入る北側の町家)
http://www.galerie-r.jp/

January 16, 2006

シカゴプードル

今発売されている「関西一週間」に、総合政策科学研究科在籍中の、杉岡秀則さんが所属するバンド、「シカゴプードル」の記事が載っています。
相変わらずがんばっていらっしゃるようなので、是非ご一読ください。
(もしかしたら明日で次の号が出てしまうかもしれないので、読みたい方は、私までご連絡ください。)

January 10, 2006

提出しました

DSC_1132a.jpg DSC_1136a.jpg
(↑ファイルに貼る表紙はこれを見本にしないように。)

今朝9時30分、事務室に修士論文を提出に行きました。おかげさまで無事受理されました。
・正本1通(背表紙に○印)、副本2通。
・レバーファイルの表紙には「A4サイズ」で表紙を作成して貼ります。(中表紙と同じものを氏名ワープロ打ちしたもので良い。私はこれを知らずに、写真にあるように小さいサイズでつくってしまいましたが、大丈夫でした。)
・研究科紀要に載せるための梗概原稿のフロッピーディスクとそのプリントアウト一通。
・寧静館1Fの販売機で7,800円の総合政策科学研究科の論文製本代の証紙を購入し、提出時に持参します。
・あらかじめ提出してある論文題目との照合があります。(変更締め切りは本日中)
・中表紙、写真、梗概(ページ番号)、目次、本文(ページ番号)、参考文献(ページ番号)、3部ともチェックがあります。
こうしたチェックには時間がかかりますので、「早い目」の提出をおすすめします。

連休は2日間かけて修士論文の最後のチェックを行いました。誤字をまだ発見、そして注のつけ方についての不統一がゾロゾロと出てきました。3部プリントアウトしてレバーファイルに綴じてから参考文献に重複を発見したりもしました。ヤバいヤバい!

締め切りまであと3日となりました。これから提出のみなさん、がんばってください。

投稿者 Nishimura : 06:59 PM | コメント (6) | トラックバック

January 03, 2006

謹賀新年

2006年になりました。本年も今里ゼミ+ブログをよろしくおねがいいたします。

投稿者 Nishimura : 02:24 PM | コメント (2) | トラックバック