February 21, 2006

澤井昭宏です

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、携帯を落として壊したため、
現在僕の携帯メール&携帯番号は使用不能です。
なお、復帰の見込みはありません。

ご用事の方は
1)大学メールアドレス dbe0138@mail3.同志社.ac.jp (一日一回午後にはまず見ます)
2)実家電話番号  075-881-1341 (留守録に対応)
3)講武館210 ドアを入って左手手前の机 (メールと同じ程度には現れます)
のどれかでアクセスして下さい。

この内容はMLにも送信します。

『マリア十五玄義図』  のなぞ

京大博物館で「マリア十五玄義図」の特集中だというのでテクテク歩いて行ってきました。
もともと本作はここが所蔵しているのでいつでも見られるらしいのですが、
今だけ貰える素敵なパンフがある、というのでこれはもう行くしかない。

…と思って到着したところ「月・火休館」でした。二日も休むとは!!
仕方がないので門の脇に置いてあった看板を撮影。


RIMG0152.jpg

「十五玄義」というのは教徒がロザリオ念仏を唱える時にいちいち唱えるお題目で、
マリアの身に起こった出来事のあらすじです。「お告げ」から始まり「天の元后」まで数えて15。
「よろこび」「苦しみ」「栄え」の三つのカテゴリに五玄義ずつ分類されます。

ちなみに先の教皇ヨハネパウロ二世はこれに更に5つの玄義を加えて20の玄義としましたが
ともあれ本作が描かれた時代は15だけでした。最新のジャンルは確か「光」。
ついでに言うと現在は玄義ではなく奥義(おくぎ)となっております。

RIMG0153.jpg

真ん中の部分は上から見下ろす聖母子像、下にはイグナチオ・ロヨラやおなじみザビエル。
まわりの小さい15のコマが漫画のようにマリアの奥義を表しております。
「聖体は賛美されますように」というポルトガル語があるので、絵描きさんはポルトガル人かもしれません。

イエズス会が長崎で描かせた御絵ですから、ロヨラとザビエルは分かります。
しかし、どういうわけか杯と目のシンボル、聖ルチーアさんが混じっているのはなぜでしょう。まさか趣味。
なお四人中最も左の男性はマチアス、ユダのかわりに12使徒に入った人です。これも謎。


RIMG0155.jpg

さらに見ていくと変な点が一つ。図の右はし下、「栄えの玄義、第四、第五(以後十四,十五)」部分。
(なお写真の一番上は第十三、「聖霊降臨」の玄義です)

第十四、第十五玄義はそれぞれ「マリアの被昇天」「天の元后、マリア」となっていて
マリアは死後天にあげられ(被昇天)、天の后として戴冠する(元后)わけなのですが…


RIMG0156.jpg

まずこちら、第十四の玄義「マリアの被昇天」です。そして


RIMG0157.jpg

第十五の玄義、「天の元后、マリア」。おわかりでしょうか?


まるで、第十四玄義で既に戴冠した冠を、ダメだしを喰らって、むしられているように見えます。
十四番目の玄義の図に、間違って早めに冠を描いてしまったのが絵描きさんのミスで、
これではまるで15番目はコロネーションならぬデコロネーション。ちょっと楽しい間違い、で済ましましょう。


…中には入れず、本物の玄義図も見られませんでしたが、ひととき楽しい午後を過ごすことができました。
記念展は今月26日まで開催されているそうです。気が向けばどなたかご一緒しましょう。

February 18, 2006

ノーリッジより7

 おひさしぶりのよねこです。

 M2の皆様、公聴会お疲れ様です。 今里教授も査読お疲れ様です。

 さて、私は現在授業に出席しつつも、修士論文のテーマ絞りに追われています。
 一部の方はご存知の通り、英国と日本の教育政策の比較分析が大きなテーマです。
 というわけで、いったん日本に帰るかもしれません。

 最近の様子は追記へ

 寮の部屋.jpg

 写真は私の寮の部屋です。入り口と右側の白い扉はユニットバスです(シャワーとトイレのみ)
 更に右側がクローゼット。左の引き出しは机についているやつです。
 上には日本食・下には洋服が入っています。

 寮の机.jpg

 机はもっと長いです(2mくらい)。 パソコン・プリンター・ハンドアウトをためるトレイをおいています。
 前には、ポストカードや時間割・セミナー予定表を張ってある。
 本棚がついていて、その上にはCD・DVDやらシェリーグラス(ヨークで購入)が。

 今学期の授業はレポート・プレゼンが多く、それぞれの授業のセミナー課題も複雑なものになってきました。
 現在は、CPS(Conflict, Peace and Security)のプレゼン(ペルー)についてのペーパーを書いています。
今日は、CPSの期末ペーパー概要の評価が帰ってきたのでこちらも書き進めないといけません。
こちらのテーマはネパールです(修論で書かないことになったのでこっちで書きます)。
 本棚1.jpg
 (思わず買ってしまった本たち+図書館の本。図書館にない本があるのでインドから取り寄せるか検討中。左4冊はブルデューですよ、キタフィ&本多さん!)


 CPSはある程度資料も集めて、読んでいるのですがやっかいな科目が1つ
 通称RSSAとよばれるResearch Skills for Social Analysisです。
 各授業でResearchのSkill, Ethics, Assumptionなどをやっていくのですが、やっかいな課題がでてしまいました。
 詳しく説明するとものすごく長くなるので、簡単に言うと
 「アフリカの地方において、農業生産についての分析を行う。このときに男性・女性・子どもの労働時間・貢献を図るためのリサーチ方法(quantitative approach)を提案する。」
 これに更に色々な条件がつけられています。リサーチに使うFormもつけて2500wordsといったところです。
 えーと、Short Exerciseではなかったのですか?勉強会も開いたりしながら格闘中です!

February 16, 2006

学外研究拠点@大原

4月より、SIの学外研究施設として稼動する農家はこんなところ。
大原の三千院参道脇に位置し、南側には棚田が広がっているという、すばらしいロケーションです。
このあたりにしては、日当たりも抜群ですので、心地よい農村空間を約束してくれています。
大原DSC05940.JPG

丸太町の町屋に続いて、こちらも改装がスタートするところです。

追ってご報告させていただきます。

------------------------------------------------------------------------------

南側の棚田風景
大原DSC05936.JPG


入り口です。ここにSIの暖簾がかかります。
大原DSC05997.JPG

下宿決定

イタリアからこんなメールが来ました。

DSCF0050.JPG
イメージ図

Ciao Akihiro
sono Luigi e mi occupo della logistica per l'Università di Scienze Gastronomiche a Colorno.
Ti comunico che dividerai l'appartamento in borgo Santa Chiara a Parma con un altro studente (non fumatore).
A questo proposito ti chiederei cortesemente di portarti almeno un paio di lenzuola da letto singolo in quanto, lavorando in tempi stretti con gli altri studenti che escono, quelle dell'appartamento saranno in lavanderia.
Ti ringrazio per una cortese conferma.

Scusa per il disturbo.


意訳:
ルイージです。マリオの類似品です。
下宿が決まりましたのでお知らせします。パルマのサンタキアラ通りです。
でもシーツを洗うのが間に合わないだろうから最低一組持ってきてね。ごめんね。

投稿者 : 09:27 AM | コメント (6)

February 12, 2006

修士論文公聴会(2日目)

無事終わりました。先生方からは厳しく暖かいコメント、質問いろいろ頂きましたが、みなさんOKでしたよね。
主査副査たくさん務めていただいた今里先生おつかれさまでした。修論発表者のみなさん、それからタイムキーパーを務めていただいたM1の皆さん、ありがとうございました。

来年修論を提出、発表される方々のために、気づいたところをメモしておきます。
・手元用原稿を用意しましょう。(読み上げるかどうかは、自分の好みですがね。)
・パワーポイント書類を3部プリントアウトして、主査副査に渡しましょう。
・手元に論文そのものを用意しておきましょう。(先生によっては、「○○ページの**で述べられている」とか、具体的な指摘があることもあります。)
・メモと筆記用具を用意しましょう。
・20分間を録音しておきましょう。(先生方のコメントはありがたく、一字一句もらさず書き残しておきましょう。その場で全部はメモできません。)

投稿者 Nishimura : 11:49 PM | コメント (6)

February 11, 2006

修士論文公聴会(1日目)

今日は1日目。
トップバッターは我がゼミの安彦さん。(すみません。間に合いませんでした。)
午後から大橋さん、小田切くん、伊藤さん。
今里先生も副査がたくさんありましたね。おつかれさまでした。
明日は、私、北村くん、そしてオオトリが本多さんです。
先生もたいへんですが、どうぞよろしくおねがいします。

kouchou.jpg

投稿者 Nishimura : 09:57 PM | コメント (4)

February 08, 2006

3月11日、食のシンポジウムのご案内

Announcement for the Symposium 060311_jpg.jpg

February 05, 2006

海外で携帯の愚痴

普段の連絡はメールでやるとして、非常時のために日本と直通の携帯が欲しいなあと思ってはいるのですが、海外(この場合欧州ですが)で使える日本の携帯というのは思ったより少ないようです。おまけにサービスのやる気がなさ過ぎるというか、そもそも想定さえしていないというか、面倒だからそんなこと言わんといてくれるかと主張せんがばかりな料金体系や何やらでもうウンザリします。実際のところAUはイタリアにおけるサービスなし、ドコモは機種が高価すぎ(あるいは動くか動かないかよくわからない変なカードを買え、月額3000円)、ボーダフォンは比較的に一番まともなサービスをしていますが会社的に一番相手にしたくないという具合。困ったものです。

投稿者 : 06:33 PM | コメント (7)

February 01, 2006

修士論文公聴会

にしむらです。
修士論文公聴会のスケジュールが発表されていました。
今里ゼミ、今里ゼミML、江湖亭関係者は以下の通り。(敬称略)
安彦くんが斬り込み、トリが本多さんというわけです。
なお、ご自身の発表時間、会場はご自身でご確認くださいね。(責任はもてません)
研究科のウェブサイトには発表順が学籍番号で掲載されていました。

2月11日(土)
9:20〜 安彦(H202) 、雨宮(H211)
13:20〜 吉川(H211)
13:40〜 大橋(H211)
14:00〜 伊藤(H202)、西川(H211)
14:20〜 小田切(H202)
15:20〜 渡辺裕(H202)
15:40〜 毛利(H202)
16:00〜 高田(H202)
16:40〜 浅川(H202)

2月12日(日)
14:00〜 西村(H211)
14:20〜 北村(H211)
16:40〜 福岡(H202)
17:00〜 本多(H202)

投稿者 Nishimura : 08:51 PM | コメント (3)