July 23, 2006

今里ゼミ合宿@大原

7月22日~23日にかけて、今里ゼミの合宿が
大原の農縁館結の家で行われました。
合宿ではさまざまな体験をし、濃密な2日間と
なりました。

まず最初に、M2藤本さんによる発表が行われました。
県会議員としての現場の声をもとに発表して頂き、
大変勉強になりました。
続いて、畑で栽培されている野菜をみんなで収穫しました。

2006年07月22日_DSCN0055.jpg

新鮮なお野菜の数々。

2006年07月22日_DSCN0054.jpg

2006年07月22日_DSCN0056.jpg

収穫した野菜は、みんなで協力して調理し、
BBQやサラダ、野菜スティックに。
他には大原にある山田農園の鶏もさばき、
ダッチオーブンで蒸し鶏などにして食べました。

2006年07月22日_DSCN0057.jpg

どの料理も大好評でした!

釜ではピザを焼きました。
アツアツのピザは絶品でこちらも大好評!!

2006年07月22日_DSCN0058.jpg

翌23日は、大原の朝市へ。
そして、希望者は、いつもお世話になっています大原工房へ
藍染め体験をしてきました。
藍を塩で揉みながら、だんだんと色が染まっていくのは
楽しかったです。
2006年07月23日_DSCN0059.jpg

投稿者 Kubo : 10:16 PM

July 19, 2006

朝日新聞

7月18日朝日新聞夕刊1面の「百姓のまなざし⑥-減農薬 害虫とたたかう」において、
7月15日に農縁館・結の家でご講演されました宇根豊さんが紹介されています。
講演会で配布されました虫見板についても掲載されています。

ぜひご覧下さい。

投稿者 Kubo : 12:04 AM

July 17, 2006

手作り石けん

昨日、京都にあるお米屋さんに石けんの作り方を
教わってきました。
とても簡単だったので、こちらでご紹介させて
頂きたいと思います。
2006年07月16日_DSCN0047.jpg

用意するものは、
①カセイソーダ500g:約500円。薬局で購入可能ですが、購入の際には印鑑が必要です。
②水 1ℓ
③廃食油 3.9ℓ:新しいものはさらさらしていて固まりにくいそうです。
④空き缶:一斗缶などでOK。
⑤空き箱:石けんを流しこむための型です。丸型のものが取り出しやすいので便利だそうです。

これらが揃ったらいざ開始! 換気のできる外でやるのがおすすめです。
まずは空き缶にカセイソーダ、水を順に入れ透明になるまでかき混ぜます。
カセイソーダは取り扱い注意の劇薬!なので、ゴーグル、長袖を着用していると安全です。
次に廃食油をゆっくり注ぎ入れます。15~30分間混ぜるとポタージュ状に。

2006年07月16日_DSCN0048.jpg

あとは、空き箱に流し込むだけ!
2006年07月16日_DSCN0051.jpg

数日で表面が固まるので、カッターナイフで切り目を入れて取り出し、
約1ヶ月間、陽に当て乾燥させたら完成です。
大体50個の石けんが出来上がります。
未反応のカセイソーダが残っている可能性がありますので、
体を洗うのに使う場合は、半年ほど乾燥させておいた方が
よいそうです。

1ヶ月間乾燥させたものを使ってみましたが、
しっとりして肌に馴染む感じでした。

とても簡単に出来上がりますので、もしよかったら
ぜひ一度お試し下さい。

投稿者 Kubo : 11:03 PM

July 16, 2006

宇根豊さんの講演会開催!

7月15日、農縁館・結の家にて、農と自然の研究所理事長
宇根豊さんによる講演会が開催されました。
大原の地域の方をはじめとして、30人以上の方にご参加頂き、
農業や自然、虫についてなど様々なお話をして頂きました。
講演会後の意見交換も活発に行われました。

講演会当日の様子は、大原ブログに掲載されていますので、
ぜひご覧下さい。

投稿者 Kubo : 05:34 PM

July 14, 2006

「ヘレンケラーを知っていますか」映画上映会&トークショー

平成17年度文化庁文化芸術支援作品となった「ヘレンケラーを知っていますか」
上映および、中山節夫監督と女優・小林綾子さんのトークショーが
寒梅館ハーディーホールにて開催されます(トークショーは16日のみ)。
7月13日朝日新聞の夕刊2面に主演の小林綾子さんのインタビューとともに
上映会・トークショーのお知らせが掲載されています。

詳細は、同志社大学ウェブサイトをご覧下さい。

投稿者 Kubo : 01:00 AM

July 12, 2006

ラジオ出演

13日(木)1143KHz・KBS京都ラジオの
笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ』内「日産ラジオナビ」というコーナーで、
15日にご講演されます宇根豊さんがお電話にてラジオ出演されます。
お話のタイトルは「農業と自然環境と人のつながりについて」
農と自然の研究所はじめ、虫見板の話、また可能であればデ・カップリングに
ついてもお話しいただく予定だそうです。

もしよろしかったら、お聞き下さい。

投稿者 Kubo : 11:37 PM

オープンキャンパス

同志社大学でオープンキャンパスが行われます。

■7月30日(日) 京田辺キャンパス
9:30~16:00
※予約不要、入退場自由

■8月5日(土)、6日(日) 今出川キャンパス
9:30~16:00
※予約不要、入退場自由

詳細は同志社大学ウェブサイトをご覧下さい。

opencampus.jpg

投稿者 Kubo : 12:59 AM

July 01, 2006

宇根豊さん講演会

“農と自然のイノベーター”宇根豊氏講演会を大原“結の家”で開催いたします。

「自然のめぐみを引き出す仕事とくらし」
 
福岡市の近郊、糸島郡二丈町で、農業を営みながら、人と農と自然の関わりについて思索と実践を重ね、「虫見板」をはじめとする画期的な活動や数々の著書で、農業や環境問題に取り組む人々、そして農政に大きな影響を与え続けている宇根豊氏の講演会を下記の要領で開催いたします。「虫見板」も配布いたします。(限定100枚)
ご多用中とは存じますが、自然と共生する観光農村として発展を目指す大原地区にとって有意義な講演となることと存じますので、お繰り合わせの上、お集まりくださいますようご案内いたします。

● 日 時:平成18年7月15日(土)午後2時~午後5時
● 場 所:同志社大学大学院総合政策科学研究科大原キャンパス農縁館“結の家”
    (左京区大原来迎院町346番地)
● 参加費:無料(但し、講演会終了後の懇親会に参加される方はお一人3000円お願いします。)
● 主 催:同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション研究コース

詳細は大原ブログをご覧下さい。
http://sosei-si.doshisha.ac.jp/mt32/archives2/2006/06/post_13.html

投稿者 Kubo : 12:01 PM