December 26, 2007

第4回 京都・環境教育ミーティング

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
  第4回 京都・環境教育ミーティング
  『体験!発見 !! すぐそこにある、
        素材を見直す環境教育』
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

環境教育や環境保全に関心のある市民・教育者・NGO/
NPO・地域を 巻き込んだ環境教育をテーマに、今後の
ネットワーク形成のための 出会いの場を創りだすことや、
情報交換をすることを目的とします。

☆環境市民スタッフの内田香奈が分科会(4)の
進行をいたします!ぜひご参加ください。

と き:平成20年1月26日(土)9時
30分~17時00分
定 員:100名(先着順)
対 象:環境教育や環境保全活動に関心のある方、
  現在実践されている方
参加費 :無料(分科会3の昼食代500円を除く。)
    ※分科会3以外は、昼食各自でお願いいたします。    
    ※交流会にご参加の方は、別途参加費300円を
     いただきます。
主 催:京エコロジーセンター

プログラム:
  9:00 受付開始
  9:30 開 会
  9:40 基調講話  
 10:15 分科会・ワークショップ (昼食含む)
 16:00 全体会
 17:00 閉 会
 17:10 交流会
 18:00 終 了


=========================
■分科会■  
定員:各20名(複数の分科会へのご参加はできません)
=========================

●分科会
(1)-------------------------------------------------------
『食卓から畑が見えますか? 
      ~食べ物のふるさとから考える環境~ 』

■内  容
 私たちが普段食べているものは、
 どのように作られ、運ばれているのでしょうか。
 環境への負荷を知り、より良い食べ方を考えます。

■進  行 土屋英男(京都教育大学)
■話題提供
 林  美帆(あおぞら財団)
 井上 健雄(NPO法人イー・ビーイング)


● 分科会
(2)-------------------------------------------------------
『つながれ!ひろがれ!恵みの森』

■内  容
 私たちの暮らしとつながる里山の森を、未来へ託すため
 の取り組みや森林環境教育の現状や課題を考えます。
 身近な森の観察会も予定。
■進  行
 天野 雅夫(日本環境教育学会関西支部)
■話題提供
深町加津枝(京都府立大学)
久山喜久雄(フィールドソサイエティー 森の子クラブ)


● 分科会
(3)-------------------------------------------------------
 『1日まるごと竹づくし! 
     ~学び・味わい・工作してみよう!~ 』

■内  容 
 深草の竹藪で竹林や竹の生態を学びつつ、竹を使った
  工作とタケノコご飯や深草の食材を利用した料理を
楽しみます。 
■進  行
 板倉  豊(京都精華大学)
■話題提供
 杉井 正治・大嶋 英治・志賀 真人
 (NPO法人京都・深草ふれあい隊「竹と緑」)
※昼食代500円が必要です。(当日お支払いください)※


● 分科会
(4)-------------------------------------------------------
『エコな暮らし実践講座1 ~着ること、買うこと~ 』

■内  容
「着る」「買う」をテーマにした2つのワークショップを
通して、 日々の暮らしと社会、環境問題のつながりを実感、
再発見します。
■進  行
 内田 香奈(NPO法人環境市民)
■話題提供
 長屋 博久(有限会社村田堂)
 内田 香奈(NPO法人環境市民)

● 分科会
(5)-------------------------------------------------------
『エコな暮らし実践講座2 ~美しいワザと知恵~ 』

■内  容
 ごみゼロとごみアートに挑戦するスーパー主婦と、
 草木染めを通じて地域づくりをするガンコおじさんから、
 楽しく学びます。
■進  行
 水口  保(株式会社教材研究所)
■話題提供
 中村 惠子(ゴミ減らし通信舎)
 上田 寿一(大原工房)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          申 込 み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電話,郵送,FAX,電子メールにてお申込ください。
郵送、電子メールの場合は、下記「申込用紙」と同様の項目
を記入。締切は、平成20年1月25日(金)必着
※ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

主催/問合せ・申込先:京エコロジーセンター (木曜休館)
〒612-0031京都市伏見区深草池ノ内町13
TEL 075-641-0911 FAX 075-641-0912
Email kyoto-mtg@miyako-eco.jp
URL  http://www.miyako-eco.jp/

------- ------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
------- ------- ----
●申込用紙(返信用)●

<氏  名>
<フリガナ>
<年  齢>
<所  属(勤務先・活動団体・学校など)>

<連絡先住所>〒

<TEL>
<FAX>
<電子メールアドレス>

<希望分科会> 
 第1希望(  )第2希望(  )第3希望(  )
(下記分科会番号1~6をお書きください。各分科
会とも先着順
で受付します。)
(複数の分科会へのご参加はできませんので、ご了承ください。) 

<交流会>
 参加(   )  不参加(   )※参加費300円が
必要です。

※この個人情報は、本講座の連絡・事務作業以外には使用しません。
------- ------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
------- ------- ------- ----
後  援:(予定)
環境省・近畿地方環境事務所,きんき環境館,
京都府教育委員会,京都市教育委員会,
京都府地球温暖化防止活動推進センター,
京都新聞社,日本環境教育学会関西支部
実行委員:
天野 雅夫   日本環境教育学会
荒木   功   京都市総合教育センター
板倉   豊   京都精華大学
市川  智史  滋賀大学環境総合研究センター
内田  香奈  NPO法人環境市民
土屋  英男  京都教育大学
西村  仁志  環境共育事務所カラーズ
久山喜久雄  フィールドソサエティー
堀  孝弘   NPO法人環境市民
水山 光春   京都教育大学
水口  保   株式会社教材研究所
山本  泉   京都市総合教育センター
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  お申込み、問合せは各主催団体へお願いいたします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

投稿者 Kubo : 12:33 AM | コメント (0)

December 25, 2007

メリークリスマス

12月も残すところ数日となりました。

M2のみなさんは、修士論文の追い込み時期でしょうか?

現在、インフルエンザやノロウィルスなどがはやっております。
体調にはくれぐれも気をつけて、ラストスパート頑張ってくださいね。

20071124173620.jpg

投稿者 Kubo : 01:02 AM | コメント (0)

December 03, 2007

丹波ワインとおいしい京丹波の食材を楽しむ夕べ

丹波ワインとおいしい京丹波の食材を楽しむ夕べ
「京丹波わいん大学 in 同志社キャンパス」  12月
11日(火)

 プロジェクトと連動しつつ、同志社生協設立50周年を記念し、美味
しい丹波ワインとSECOND HOUSE will(同志社大学寒梅館7
階)の
 岡井シェフの京丹波の食材を使った美味しいお料理で存分にお楽しみ
頂き、楽しい夕べをお過ごし下さい。
  ※未成年者の方の飲酒はご遠慮下さい。
  尚、先着50名様となっておりますので、お早めにお申込下さ
いませ。

 【日時】 2007年12月11日(火) 18:30~
20:30

 【場所】 同志社大学寒梅館7階 SECOND HOUSE will
      http://www.secondhouse.co.jp/newpage21.htm

 【会費】 2,000円(お食事代・ワイン代を含む)
 学生の方は1,000円
      ※ワインは丹波ワイン様のご厚意でおかわり自由となって
おります!
       ご自身の体調とご相談の上、無理の無い範囲でお楽しみ
下さい。

 当日は『ワイン大学講義』と題しまして・・・
 丹波ワイン株式会社取締役 黒井様(NPO法人会員)よ
り、ワインの歴史と楽しみ方・ワイン作りにかける熱意を講義して頂き
ます。(30分程) 

『ワイン大学講義』終了後、ワインにちなんだクイズを出題いたします。
 最優秀の方にはささやかなプレゼントもご用意☆など、楽しいプログ
ラムを目下企画中!!是非、お誘い合わせの上お越し下さいませ。

 当日のお料理に使われる京丹波の生産者のこだわり食材は・・・
   岸本さんの京都ぽーく(銘柄豚)、いづつ屋さんの丹波牛、須知
高校生のハム、ソーセージにヨーグルト、アイス、
   三木さん、大崎さんの新鮮お野菜。
 丸ごと丹波づくし!どうぞお楽しみに。

 【お申込・お問合せ】
      NPO法人事務局 平野
       TEL:0774-65-6223 E-
mail:ahirano@mail.doshisha.ac.jp

投稿者 Kubo : 03:47 PM | コメント (0)

「京丹波フェア」 12月3日~21日

「京丹波フェア」 12月3日~21日

同志社大学新町キャンパス内の新町カフェテリア(1F)にて

<メニュー>

・京丹波牛ハヤシライス
   いづつ屋さんの京丹波牛に丹波ワイン、地元でよく生産されてい
るハタケシメジを使い、
   丹波ハヤシライスを作ります。毎日限定30食のみ・
430円(組合員価格)

・丹波汁
   岸本さんの京都ポークを使った豚汁です。
   大崎さんのさつま芋、白菜、大根、丹波高原ネギを入れます。ハ
タケシメジもはいるかも。
   普段の豚汁と同じお値段です。毎日限定50食の予定・サイ
ズにより110~160円(組合員価格)

・ハム、ソーセージ、ウインナーなど・・
   グラムバー(サラダ類や一品おかずの量り売り)や新町ショップ
でのパンにて提供の予定。
   京都府立須知高等学校(京丹波町)の生徒(食品科学科)が加
工。実習ですが、本格的です。
 

・ぶどうソフト(新町カフェテリア、今出川キャンパス明徳館B1
「erica」)
 丹波ワインの葡萄ジュースを使用。
 

・須知高校のヨーグルト・アイス
 京田辺キャンパスの購買・今出川キャンパス弘風館B1のコンビ
ニにて販売します。

・他には、黒豆が出荷され始めたら、黒豆ポタージュや黒豆ごはん、黒
豆ジュース等も予定しています。(2週目以降)


京丹波には魅力ある食材が多くありますが、今回の京丹波フェアでは、
生産者のみなさんご自慢の特産品を取り寄せた企画となっていますの
で、ご期待ください。

*数に限りがあるものは、昼の時間帯で売り切れる可能性が高いので、
早めの時間帯にご利用ください。
*新町カフェテリアの営業時間
   平日 11:00~21:00
   土曜 11:00~15:00
   日・祝 休業
   その他の店舗は以下をご確認ください
   http://www.doshisha-coop.com/cgi-bin/doshisha_info/ indicate.php?mode=eigyou_jikan&campus=imadegawa

投稿者 Kubo : 03:46 PM | コメント (0)