August 23, 2008

総合政策科学研究科・科目等履修生/聴講生のご案内

総合政策科学研究科では正規の入学の他、科目等履修生、および聴講生として科目の受講が可能です。両者の違いは科目等履修生の方は履修した科目について正規の単位取得として認められる点です。また費用も異なりますので詳しくはそれぞれのページでご確認ください。
 秋学期(9月〜)の登録を希望される方は9月12日(金)に出願・面接が行われます。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

 また総合政策科学研究科の設置科目や時間割はこちらのページからご確認いただけます。

投稿者 Kubo : 11:59 PM | コメント (0)

August 19, 2008

プレ・シンポジウム「社会はあなたにも変えられる」

平成20年度文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業」
ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム
プレ・シンポジウム「社会はあなたにも変えられる」

 同志社大学大学院総合政策科学研究科では、積極的に社会的課題にチャレンジしたい社会人を対象に、就職以外に社会起業というオプションを提示し、 様々な分野での事業活動を後押しする新しい教育プログラム「ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム」を昨年度より開講しております。9月の開講に先立って標記の「プレ・シンポジウム」を開催いたします。

「ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム」の詳細は
http://sosei-si.doshisha.ac.jp/manabi/2008/

平成20年8月31日(日)15:00~18:00
同志社大学 室町キャンパス 寒梅館211教室
参加無料(事前申込不要・どなたでも来聴歓迎)

内容:
講演「社会はあなたにも変えられる~子育て分野での実践~」
     濱砂 圭子(株式会社フラウ 代表取締役)

濱砂 圭子さんプロフィール
1993年福岡で初めての地域密着型子育て応援情報誌「子づれ DE CHA・ CHA・ CHA!」を発刊。コミュニティビジネスの草分けともいえる事業を展開し、 2000年には主婦生活総研を、2001年にはNPO法人男女・子育て環境改善研究所を設立。また、2003年には、NPO法人NPOふくおか理事長に就任 。 生活者の視点に裏打ちされた「常に5年先を行く」提案を行うと共に、教育、環境、医療、女性起業家など様々な異分野ネットワークを構築し、全国でコミュニティビジネス、起業家支援、地域づくり、男女共同参画、育児支援などの講演を行っている。また、全国の地域密着型子育て情報誌編集者マミサミ・ネットワークで12年間、「子育て環境改善」を全国に提唱している。

パネルディスカッション「社会起業で輝く~人と組織の新しい生き方を探る」
パネラー:濱砂 圭子(株式会社フラウ 代表取締役)
     深尾 昌峰(NPO法人きょうとNPOセンター 事務局長)
     小野 千佐子(平成19年度卒業生:ティプアプロジェクト代表)
     西村 仁志(同志社大学大学院総合政策科学研究科准教授・環境共育事務所カラーズ)
コーディネーター:今里 滋(同志社大学大学院総合政策科学研究科 教授)

お問い合わせ
同志社大学大学院総合政策科学研究科事務室
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入 TEL:075-251-3860 FAX:075-251-3094
E-mail:si-manab@mail.doshisha.ac.jp

投稿者 Kubo : 12:25 AM | コメント (0)

August 15, 2008

江湖館オープンハウス(8月)

◇江湖館オープンハウスへのお誘い

「江湖館」は同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノ
ベーション研究コースにおける学外社会実験施設として、 2006
年 4月に開館いたしました。昭和初期の京町家を現代に蘇ら
せ、 大学院生および教員によるさまざまな社会活動が行われて
います。
江湖館では、この町家空間にお気軽に立ち寄っていただける一般公開
日「オープンハウス」を催しています。どうぞ「ほっこりと」お過ごし
ください。

●日時:8月17日(日) 15:00~19:
00
●場所:同志社大学大学院京町家キャンパス「江湖館」(こうこかん) 
   京都市中京区衣棚通丸太町下ル(烏丸丸太町交差点の西3
筋目を左折し南へ約30m)
   江湖館TEL/FAX 075-212-1207


【内容】
▼Bar江湖館
 ・冷たいビールにおつまみをご用意しています。
▼徳之島コーナー
 ・徳之島との親密交流のあるオヤジ院生が、南国フルーツや黒糖など
を紹介・販売いたします。
  マンゴー・パパイヤ・パッションフルーツ・ドラゴンフルーツ・バ
ナナなどが産地より届いています!
▼ダチョウの卵登場!
 ・珍しいダチョウの卵を、目玉焼きとオムレツに料理して食べてみま
しょう。
 ☆15時から卵を展示します。お料理は16時からです。
▼夏野菜特売市
 ・大原で作っている有機無農薬野菜を販売します。
▼プチネイルコーナー
 ・毎回大好評のネイルサロンです。お子様も体験できます。
▼tipuaコーナー
 ・布ナプキンでお馴染みのtipuaが応援している、タイのチェ
ンマイにある、障害と共に生きる 
  アーティストたちの<ココナッツボタンポストカード>を販売しま
す。
  6月のオープンハウスでも好評でした(^_^)b
▼子どもたちのためのあそびコーナー
▼大学院入試相談
 ・教員が相談をお受けいたします。パンフレットもご用意しています。

今回は、納涼企画として夕方(15:00~)からのオープンです。
お盆休みの最終日にあたる方々も、夏休みの宿題が気になってきた子ど
もたちも、町家でゆったり過ごしてください。おもしろい出会いがある
かも。

まだまだ残暑の厳しい毎日ですが、夕涼みをかねてお出かけください。
冷たいビールと、南国のフルーツたちと共にお待ちいたしております。
ーーーーーーーーーー

投稿者 Kubo : 11:27 PM | コメント (2)

August 14, 2008

企業とNPOの子育て支援協働推進セミナー

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  企業とNPOの子育て支援協働推進セミナー(大阪)のご案内
   ワーク・ライフ・バランスの実現による
                 次世代育成のための環境整備
     主催/財団法人こども未来財団
          社団法人日本フィランソロピー協会
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2008-08-06 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

仕事と子育ての両立を実現し、親や子ども達がいきいきと暮らせる
社会を創るためには、皆が協働して子育てを支えあうしくみ作りが
重要です。7月の東京に続き、今年度2回目のセミナーを大阪で
開催いたします。企業や行政、NPOがそれぞれの立場でどのような
役割を担い連携していけばよいか、参加者の皆様と共に考えて、
輪を広げていくきっかけとしたいと思います。
(どなたでもご参加いただけます)

・日時: 2008年9月26日(金) 13:30~18:00

・会場: 大阪商工会議所
 <所在地> 大阪市中央区本町橋 2-8
 <最寄駅> 地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅より徒歩8分
          地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅より徒歩8分

・プログラム:
 ◇13:40-14:30 【基調講演】
   「育児は育自−子育て支援とグッド・ライフ・バランスのすすめ」
   土堤内 昭雄 氏
    (株式会社ニッセイ基礎研究所主任研究員)

 ◇14:30-15:20 【調査報告】
   「企業における仕事と子育ての両立支援に関する調査研究*」 
   矢島 洋子 氏
    (三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社主任研究員)
   *財団法人こども未来財団 平成19年度児童関連サービス
    調査研究等事業

 ◇15:30-17:00 【パネルディスカッション】
   「子育て支援における企業・行政・NPOのパートナーシップを考える」
  <コーディネーター>
   小崎 恭弘 氏
    (神戸常盤大学短期大学部 幼児教育科准教授)   
  <パネリスト>
   林 良一 氏
    (株式会社ファミリア第二商品部商品二課マネージャー)
   堀川 佐渡 氏
    (株式会社NTTデータ人事部ダイバーシティ推進室課長代理)
   野村 由賀里 氏
    (NPO法人ふれあいネットひらかた理事長)
   柳瀬 真佐子 氏
    (NPO法人関西こども文化協会 代表理事・事務局長)

 ◇17:15~18:00 【交流会】

・参加費: 無料

・定員:150名(必ず事前にお申込みください)

・お申込み:下記URLのお申込みフォームをご利用ください。
  (お二人以上でお申込みの場合も、お一人ずつご記入ください)
  http://www.philanthropy.or.jp/jisedai/osaka080926.html

・お問合せ: 社団法人日本フィランソロピー協会
        TEL.03-5205-7580  FAX.03-5205-7585
        e-mail: osaka@philanthropy.or.jp
  メール送信の際は@マークを半角に書き換えてお送り下さい。

投稿者 Kubo : 12:32 PM | コメント (0)

August 01, 2008

第2回京都文化ベンチャーコンペティション」

第2回京都文化ベンチャーコンペティション」
  −ビジネスモデル・ビジネスアイデアを募集しています!

これまで培ってきた京都の文化を新たな角度から捉え、新しい生活の輝きを
生み出す独創的なアイデア等を募集し、そのアイデアをしっかり育てていくこ
とを目的に、「第2回京都文化ベンチャーコンペティション」を開催します。
 現在、文化ビジネスモデル・ビジネスアイデアを以下の通り募集しています。
アイデアがあればどなたでもご応募いただけます!京都府知事賞他、企業・
団体賞多数。皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております!!
 
 【募集対象】・文化資源や文化芸術の力を活用したビジネスモデル・ビジネ
        スアイデアで、社会に対して新しい文化的インパクトを与え
        るもの。
       ・幅広く文化を対象とし、「伝統的文化」から「新たなライフ
        スタイルの提案」まで、心豊かでより質の高い生活に寄与す
        るもの。

 【募集部門】・文化ビジネスモデル部門
        起業を目的とし、起業内容(事業計画)が具体化されている
        もの、または具体化しようとしているもの。

       ・文化ビジネスアイデア部門
        具体的な事業計画までは至っていない、または自ら起業まで
        は目的としないが、新規性及び独自性の高いアイデアである
        もの。

 【募集期間】 平成20年5月11日(日)~平成20年9月10日(水)(必着)


その他、応募方法や賞・特典等についての詳細は、
京都府文化芸術室ホームページ http://www.pref.kyoto.jp/bungei/ をご覧下さい。

  以上なのですが、もし、ご興味を持っていただけましたら幸いです。
  どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 Kubo : 11:24 PM | コメント (0)