March 11, 2010

スローでグリーンな再チャレンジプログラム2010年度「同志社有機農業塾」受講生募集!

主催:同志社大学大学院総合政策科学研究科
共同事業実施団体:京都太秦 長澤農園

 「有機農法で新しい生き方を身に付ける」を目的に、本年度も「同志社有機農業塾」を開講致します。
 自然から生活の糧を得る農業者に必要な知識、技術、心構えを実践的に習得することを目指し、京都市左京区大原地区の同志社大学大原農場の有機栽培ほ場を"教室"として、有機農法講座を開催致します。指導は長澤源一講師。京都屈指の有機農業者であり、有機JAS認定農家である同講師の豊かな経験と実績をふまえて、初心者の方にもわかりやすく学んでいただけます。自然のリズムと調和する旬の野菜栽培を実践し、土作り・施肥設計から、植え付け、管理、収穫、出荷までの農業者実務の一連のサイクルを体得します。また、農産加工品作りや農村コミュニティでの生活術等も学習テーマとして、懐かしくも新しい日本人の「ふるさと」的生活術を習得します。

期間  平成22年4月24日(土)~12月11日(土)
    *原則として、4月と12月をのぞく、第2・第4土曜日の
     14時~17時に毎月2回開講します

場所  同志社大学大原農場
    京都市左京区大原野村町
    京都バス「野村別れ」下車徒歩5分 「里の駅 大原」の西隣

受講申込方法:ご連絡いただいた住所に、申込用紙を送付させていただきます

受講費:120,000円(教材費込)

募集定員 :10名(応募者多数の場合は面接等により選考させていただきます)

応募期間 :平成22年3月1日(月)~3月15日(月)

問合せ先 :同志社有機農業塾 事務局
       TEL &FAX 075-212-1207 午前10時~午後5時

E-mail: si-manab at mail.doshisha.ac.jp
(at を@マークに変えてください)
「同志社有機農業塾」ウェブサイト
http://www.eonet.ne.jp/~shitou/index.html

投稿者 Kubo : 08:42 AM | コメント (0)

「政策化学特講11」のご案内

同志社大学大学院と京都府では、平成19年度から協働して、
NPO、行政、学生の新たな協働の場づくりを目的とした講座を開講しています。
平成22年度についても、「地域づくり」をテーマにした講座を開講し、一般受講生を
募集しています。
興味のある方は、ぜひ受講ください。


1 講座の名称 同志社大学大学院総合政策科学研究科「政策科学特講11」
公共政策実践演習 ~NPO・行政・学生が協働で行う「地域づくり」~
2 場 所 同志社大学今出川キャンパス博遠館(1回~14回)
府庁NPOパートナーシップセンター(15回) 他
3 日 程 平成22年4月8日~平成22年7月22日 (15回)
毎週木曜日 7限目(20:05~21:35)
4 授業担当者
○大 学:同志社大学大学院総合政策科学研究科 新川達郎教授
○京都府:京都府府民生活部府民力推進課 鈴木康久、水越稔子
○NPO:NPO法人 きょうとNPOセンター 田口美紀
○その他:学生の希望するNPO法人や行政担当者をゲストスピーカーとして招聘
5 定 員  20名
6 受講費  無 料
7 申込み方法、問合せ先
氏名、連絡先(住所、TEL)を明記いただきFAXかメールで
京都府府民生活部府民力推進課 水越
TEL 075-414-4211 FAX 075-414-4230
メール fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp
8 講座内容
第1回(4/8) 新たな公共セクターNPOの可能性(講義)
第2回(4/15)これまでの受講生の企画・活動の紹介(講義)
第3回(4/22)地域づくりに取り組むNPOの現状と課題(講義)
第4回(5/6) 行政から見たNPOとの協働(講義)
第5回(5/13)新たな公益の担い手について考える(ワークショップ)
第6回(5/20)企画作成と資金獲得について(講義)
第7回 (5/27)「地域づくり活動」の企画の検討(グループに分かれて検討)

第8回(6/3) 同 上
第9回(6/10)「地域づくり活動」の企画内容に応じたNPO活動事例調査
(現地講座、ゲストスピーカー)
第10回(6/17)同 上
第11回(6/24)「地域づくり活動」の企画提案書の作成(グループに分かれて
作成)
第12回(7/1)「地域づくり活動」の企画提案書(中間案)の発表
第13回(7/8)「地域づくり活動」の企画提案書の作成(グループに分かれて作
成)
第14回(7/15)「地域づくり活動」の企画提案書(プレゼン資料)の作成(グ
ループに分かれて作成)
第15回(7/22)企画提案の報告会

投稿者 Kubo : 08:41 AM | コメント (0)